la vie de b.b.b
by blue_bleu_bleue
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
|^・ω・)/♪ 手作り食って。
こんにちは。

実は今回のブログは心配(´・ω・`;)なことが多くて、
なかなか始めることができませんでした。
「手作りごはん」 
巷では、ドッグフードを薦めている獣医さんが多いのが現実です。
私の通っている病院ではホリスティックを理解してくれていて
手作り食を推奨していますが
獣医さんによっては、意見の相違などもあると思ったからです。
もちろん飼い主さんであるみなさまも同じです。
なので、あくまでも
グリセットとペルノの生活の一部を公開というかたちにさせていただきました。
ドッグフードを食べていたらダメなの?とか
手作り食にしなければいけないの?と思わないでくださいね。
あくまでもグリセットとペルノの生活です。
どうぞご理解くださいヽ(・ω・ )。


我が家の大切な愛犬には長生きしてほしい。
でも近年ではペット達の病気(ガン・アレルギー・成人病)の増加と、
その若年化が大きな問題になっています。
わがワンコ達の健康を守るために
なにが出来るか考えたら 
とりあえず「食事」になりました。
健康は食事次第で大きく左右すると思うのです。

昨年米国で起きたメニューフーズ社(ペットフード会社に原材料を卸している会社)によるペットフード リコール事件*1 ではドッグフードメーカーすらも知らないうちに・・・
また昨年末の某有名骨型おやつでの原材料表示違反*2など、
私たちがそれを察し、知る余地もないのが現状ですllllll(-ω-;)llllll。
ペットが口にするものの表示の甘さを痛感してしまいました。

ドッグフードにしても手作り食にしても
食材を選ぶのはあくまでも 飼い主である私たちです。
食材を吟味することがとっても大切です。
きちんと吟味して 信頼できるものを 食べさせてあげたいと思った結果
手作りごはんにしたい!と決意しました。

手作りがいいなら じゃすぐに・・・とはいかないもので
少しずつドッグフードから移行していったのでした( ´・ω・)y。


 ♪今日のワンポント ♪               
《フードの移行方法》

                                     
最初の1週目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・フード:肉:野菜
フードを7.5割 お肉  を2.5割(最初は肉を加熱して。その後は生肉へ) 7.5:2.5:0

2週目
フードを5.0割 お肉(生)を4.5割  +野菜0.5割(1.2種類を細かくして) 5:4.5:0.5

3週目
フードを2.5割 お肉(生)を6.5割  +野菜1.0割(数種類を細かくして)  2.5:6.5:1.0

4週目
フードを  0 お肉(生)を7.5割 +野菜2.5割(数種類を細かくして)  0:7.5:2.5



3週目からは野菜の割合の中に穀類を加えることは可能です。
うちはおなかを壊すこともなくすんなり移行していきましたが
おなかを壊す子は 焦らずゆっくり移行していくことが大切です。
2週目におなかを壊したら1週目に戻って・・・
3週目に壊したら2週目に戻る・・・かんじです。



*1昨年米国で起きたメニューフーズ社(ペットフード会社に原材料を卸している会社)に
よるペットフード リコール事件では
ペットフードを食べた犬や猫の健康被害が報告され、
49銘柄のドッグフードと41銘柄のキャットフードの回収が行われました。
数は6000万個に達したそうです。
たくさんの犬や猫に腎不全が相次ぎ、一部が死亡しました。
FDA(米国食品医薬品局)の調査により、
中国産の米や小麦を原料とするタンパク(グルテン含)に
メラミン(樹脂原料等に使用される有機化合物)が混入していた事が原因だということがわかりました。

*2骨型おやつを製造販売する某ペットフードメーカーが
一部製品において、実際に使用している原材料と異なる表示をしていたことが判明致しました。改善命令が出て現在ではすでに改善済み。
b0136873_17501456.jpg

[PR]
by blue_bleu_bleue | 2008-04-23 18:30 | food
|^・ω・)/♪第一回です。
ブルーブルーブルーのグリゼットとペルノの生活の一部を皆さまに大公開。
いろいろ難しいことを考えすぎてなかなかこのページがオープンできなかったので、
気軽な気持ちで読めるページにしたいと思っていますので、ヨロシクお願いします。

第一回目は食事。
グリペルに出来るだけ自然で体にいいものを食べさせてあげたいので、食事は手作りです。二匹とも過去にドッグフードを食べてたことはあります。
でも今は手作り。わけを話すと長くなるので、その辺はまた後日。
難しいんじゃないか、面倒くさいんじゃないかと思われがちですが、大丈夫。
簡単に楽しく出来ます(*・ω-)⌒☆*。
でもやっていくうちにいろいろ知りたくなってきて、
今は本村伸子先生のセミナーに2年以上通ってます。
セミナーのテキストはもちろん、手作りごはんの基本的なテキストは
絶対コレッ゜+。:.゜.:。+。


b0136873_413592.jpg





















手作りごはんの決定版です。本当に重宝しています。
今回は本村先生にお願いして、販売させてもらうことが可能になりましたので、
是非ともご利用くださいね。
ご希望の方は下記アドレスからお問い合わせ下さい。

info@blue-bleu-bleue.jp

今通っている本村先生のスペシャリティーアドバンスセミナー2年目は、
む…むずかしいけど、すごく勉強になります。
グリペルが大好きだから 私が出来ることは、学んで、実践してあげることかな…
と思っています。
グリペルが食べているものは日々違いますが、メインは生のお肉。
それから野菜など。ペルノは痩せているので、穀類(おかゆやお芋など)もプラス。
グリゼットは穀類を食べるとツチノコllllll(-ω-;)みたいに太っちゃうので、
あげてもスコーシです。
    
b0136873_421128.jpg
b0136873_4214252.jpg





























今日はこんな感じ。うちの分量は肉:野菜:穀類(7.5:2:0.5)。
1日2食で、グリペル体重1.3kgで1回20g前後のお肉を食べてます。
野菜は季節のお野菜を。私たちの食事と基本的には同じ素材です。
カボチャやブロッコリー、トマト、なすなどは茹でますが他はほとんど生です。
生ジュースとかと同じ感覚。ご飯類はやわらかくしたお粥状で与えてます。
今日はスペシャルでナマコが入っています。
ナマコはコラーゲンがたっぷりで骨や関節を患っている子にはもってこいの食材です。
もちろん飼い主さんの美容にも役立つことうけあい。
゜+。:.゜.:。+( ・ω・`)oO゜スベスベキラキラ)+。:.゜.:。+
うちでは私がナマコ大好物なのと、ペルノが膝盖骨が悪いので、しょっちゅう食べてます。
いまでは生きたナマコをまな板に置いただけで、何故か察して尻尾をふって寄ってくるほど
大好物です。ヾ(≧ω≦)ノヒャッホーィ。
たくさん書きすぎてしまいましたので・・・、ここらへんで( ・ω・)ノ( ・ω・)ノ( ・ω・)ノ

♪今日のワンポイント♪
《簡単な肉類の計算方法》
 5kg未満のわんこ
 体重 ☆g×3%=★g
 5kg以上のわんこ
 体重 ☆kg×10〜15=★g
10〜15は年齢や体調などにより変動 また個体差がありますので
上記の量は目安にし、その子その子にあった適量は飼い主さんが
見つけてあげましょう)


《テキスト紹介》

b0136873_4291041.jpg
もう迷わない!ペットの健康ごはん  ¥2625  

手作りの基礎からレシピの不安解消まで。手作りごはん本の
決定版。 
カラー食材一覧表付き










b0136873_4312193.jpg
アレルギーと皮膚疾患         ¥1575

誰もが悩んでいる皮膚の落とし穴、今日からスタートできる
皮膚疾患対策 
・必要な栄養素、サプリメント、食材










b0136873_4322762.jpg
関節に関与する疾患と遺伝      ¥1575

関節の疾患に苦しむ大切な家族に、私が出来ること
・必要な栄養素、サプリメント、食材










b0136873_433199.jpg
ペットの老後を健やかに!       ¥1995

心臓・腎臓(泌尿器)・呼吸器・生殖器の疾患をすべて解明 
愛犬の老齢期や結石に悩む飼い主さん必読  食事、環境を考える 
・必要な栄養素、サプリメント、食材










b0136873_4334860.jpg
胃腸が弱いではすまされない!    ¥1785

下痢や嘔吐などの胃腸疾患から肝臓・すい臓まで。消化器系疾患とその対策方法  
LGS(腸管浸漏症候群)の危険信号   
・必要な栄養素、サプリメント、食材










b0136873_4345040.jpg
知っておきたいガンのこと        ¥2310

ペットをガンから守ろう!飼い主が出来るガン予防と食事
・必要な栄養素、サプリメント、食材










b0136873_4352012.jpg
ホルモンの異常に気付いていますか ¥2310

内分泌系・脳神経系疾患・寄生虫・目と耳の疾患について
甲状腺の異常・てんかん その原因からホリスティックな対応法まで  
・必要な栄養素、サプリメント、食材
[PR]
by blue_bleu_bleue | 2008-04-10 04:47 | food