人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
friend
boutique
food
love
play
life
seminar
voyage
veterinaire
mes enfants
evenement
lesson
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 08月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 02月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 11月
2014年 10月
2013年 07月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2008年 12月
2008年 06月
2008年 04月
Link
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
|^・ω・)/♪ 手作り食って。
こんにちは。

実は今回のブログは心配(´・ω・`;)なことが多くて、
なかなか始めることができませんでした。
「手作りごはん」 
巷では、ドッグフードを薦めている獣医さんが多いのが現実です。
私の通っている病院ではホリスティックを理解してくれていて
手作り食を推奨していますが
獣医さんによっては、意見の相違などもあると思ったからです。
もちろん飼い主さんであるみなさまも同じです。
なので、あくまでも
グリセットとペルノの生活の一部を公開というかたちにさせていただきました。
ドッグフードを食べていたらダメなの?とか
手作り食にしなければいけないの?と思わないでくださいね。
あくまでもグリセットとペルノの生活です。
どうぞご理解くださいヽ(・ω・ )。


我が家の大切な愛犬には長生きしてほしい。
でも近年ではペット達の病気(ガン・アレルギー・成人病)の増加と、
その若年化が大きな問題になっています。
わがワンコ達の健康を守るために
なにが出来るか考えたら 
とりあえず「食事」になりました。
健康は食事次第で大きく左右すると思うのです。

昨年米国で起きたメニューフーズ社(ペットフード会社に原材料を卸している会社)によるペットフード リコール事件*1 ではドッグフードメーカーすらも知らないうちに・・・
また昨年末の某有名骨型おやつでの原材料表示違反*2など、
私たちがそれを察し、知る余地もないのが現状ですllllll(-ω-;)llllll。
ペットが口にするものの表示の甘さを痛感してしまいました。

ドッグフードにしても手作り食にしても
食材を選ぶのはあくまでも 飼い主である私たちです。
食材を吟味することがとっても大切です。
きちんと吟味して 信頼できるものを 食べさせてあげたいと思った結果
手作りごはんにしたい!と決意しました。

手作りがいいなら じゃすぐに・・・とはいかないもので
少しずつドッグフードから移行していったのでした( ´・ω・)y。


 ♪今日のワンポント ♪               
《フードの移行方法》

                                     
最初の1週目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・フード:肉:野菜
フードを7.5割 お肉  を2.5割(最初は肉を加熱して。その後は生肉へ) 7.5:2.5:0

2週目
フードを5.0割 お肉(生)を4.5割  +野菜0.5割(1.2種類を細かくして) 5:4.5:0.5

3週目
フードを2.5割 お肉(生)を6.5割  +野菜1.0割(数種類を細かくして)  2.5:6.5:1.0

4週目
フードを  0 お肉(生)を7.5割 +野菜2.5割(数種類を細かくして)  0:7.5:2.5



3週目からは野菜の割合の中に穀類を加えることは可能です。
うちはおなかを壊すこともなくすんなり移行していきましたが
おなかを壊す子は 焦らずゆっくり移行していくことが大切です。
2週目におなかを壊したら1週目に戻って・・・
3週目に壊したら2週目に戻る・・・かんじです。



*1昨年米国で起きたメニューフーズ社(ペットフード会社に原材料を卸している会社)に
よるペットフード リコール事件では
ペットフードを食べた犬や猫の健康被害が報告され、
49銘柄のドッグフードと41銘柄のキャットフードの回収が行われました。
数は6000万個に達したそうです。
たくさんの犬や猫に腎不全が相次ぎ、一部が死亡しました。
FDA(米国食品医薬品局)の調査により、
中国産の米や小麦を原料とするタンパク(グルテン含)に
メラミン(樹脂原料等に使用される有機化合物)が混入していた事が原因だということがわかりました。

*2骨型おやつを製造販売する某ペットフードメーカーが
一部製品において、実際に使用している原材料と異なる表示をしていたことが判明致しました。改善命令が出て現在ではすでに改善済み。
b0136873_17501456.jpg

by blue_bleu_bleue | 2008-04-23 18:30 | food
<< プチセミナーのご案内〆(・ω・*) |^・ω・)/♪第一回です。 >>